« 地震もの M8(エムエイト) | トップページ | 秋味 »

2004/09/17

ジェフリー・ディーヴァー新作

ついに、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
待ちに待ち望んだ、Jeffery Deaver の新作(翻訳版)が出ます。ジェフリー・ディーヴァー?と思う方もいるかと思いますが、映画にもなった「ボーンコレククター」の筆者です。

新作は「魔術師 (イリュージョニスト)」というタイトルですが、色々検索してみても現時点で内容の情報を見つけることができませんでした。たしか前作の「石の猿」の巻末にジェフリー・ディーヴァーはリンカーンライムシリーズを1年おきに書くため、次回はライムシリーズではなく、筆跡鑑定士パーカー・キンケイドの新作が・・・とあったのでキンケイドの話かなと思ってたんですが・・・。しかし、タイトルの魔術師 (イリュージョニスト)というのから察すると洋書で出ている「The Vanished Man (Lincoln Rhyme Novels (Paperback))」っぽいなぁ、、、

2003/05 に「石の猿」が発売されて、1年ぐらいで発売されるかな?と本屋に行くたびにチェックしてたんですが、よーやく、読めるなんてタノシミー!とりあえず 発売日は 10/10 ということですので、この際 どんなシリーズでも新作が読めればいいんで、もう少し待つことにします(笑)
10/09 は「千里眼 トランス・オブ・ウォー」も発売だっ! (≧∇≦)b

悪魔の涙The Vanished Man (Lincoln Rhyme Novels (Paperback))
悪魔の涙は筆跡鑑定の第一人者パーカー・キンケイド シリーズ

■ 「リンカーン・ライム」シリーズ(日本語翻訳版)
ボーン・コレクターコフィン・ダンサーエンプティー・チェア石の猿


|

« 地震もの M8(エムエイト) | トップページ | 秋味 »

コメント

こんばんは、はじめまして。本好きPeopleから来ました。
ディーヴァーの新刊はライムシリーズみたいですよ。

「華麗なイリュージョンを駆使して恐ろしい殺人を重ねる「魔術師」の鏡と煙の世界に、ライムが挑む。」

と本やタウンの新刊情報にありました。
https://www.honya-town.co.jp/servlet/jp.co.honya_town.p3.CMclipServlet?url=/UC/cgi-bin/UC01c010.exe%3Fweek%3D0%26genre%3D1

投稿: Izumi | 2004/09/19 00:12

Izumiさん、こんにちは。
やはりライムシリーズでしたか。何にしても久々の新刊ですので楽しみに待つことにします♪

投稿: web39 | 2004/09/19 07:27

「ジェフリー・ディーヴァー」と「魔術師」をYahoo検索して辿り着きました。
『青い虚空』の主人公のワイアット・ジレットが確か「魔術師」というあだ名を付けられていたので、てっきりその続編かと思ってました。
そっか、ライムのシリーズなのか。
どちらにしろ、スゴく楽しみです♪

今までカタカナのタイトルが続いていたのに、今作だけ日本語のタイトルってのは何となく違和感が・・・・。

投稿: カリン | 2004/09/22 13:56

カリンさん、こんにちは。

> ワイアット・ジレットが確か「魔術師」というあだ名を・・・
うーん、すごい記憶力ですね。「青い虚空」も読んだのですが、すっかり忘れていました(汗)今作が日本語のタイトルとなると、今までの4作品共通?だったイメージのカバーデザインが変わりそうな予感がします・・・。私は発売日に買いそびれるとイヤなので、書店に注文してきてしました(^^ゞ

投稿: web39 | 2004/09/22 14:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジェフリー・ディーヴァー新作:

« 地震もの M8(エムエイト) | トップページ | 秋味 »